· 

起業するには何から始めるの?

今回のご相談は、起業をお考えの方で「何からスタートすればいいのか悩んでいる」というものでした。

先ずはどんな計画なのかを中心に、起業するまでに必要なことをお伺いしました。

WEBでのご相談内容を以下に纏めました。 

 

<ご相談者>

ご本人:女性・総務経理の仕事に従事。

ご家族:1歳・3歳のお子さん、夫

・田舎で生活をしたい(2022年に移住予定)

・具体的には決まっていないが、田舎の生活や日本文化を主とした「生活美」を主としたものを考えている。

 

 

<資金問題>

Q:どれくらいの資金を必要とするのでしょうか?

 

何をするかにもよりますが、資金が不足の場合借入れとなりますが、金融機関ではまず無理なので、公庫からの借入れになると思います。借入れ可能金額は目安として手持ち資金の約3倍とお考えください。

当然、返済をしなくてはなりませんから、しっかりとした事業計画を立ててください。

開業資金は最低300万、出来れば500万は必要かと思います。

創業補助金などの活用も良いと思います。

https://hojyokin-portal.jp/subsidies/list?pref_id=&city_id=&purpose_id%5B%5D=1&keywords=

 

<保育園の問題>

Q:会社を辞めた場合保育園はどうなるのでしょうか?

 

地域によりけりですが、途中入園は難しいと思われます。

ですので、新居の地区で「保活」を4月に間に合うように行うか、来年移住してからご自分で子供の世話をしながら再来年の春に向けて「保活」するかのどちらかになると思います。

まずは市役所にて保育園の空き状況や入園のための要件を確認されることをオススメします。

点数制ではあると思いますので、フルタイムの会社勤めが10点としたら、自営業は2~3点くらいで、どんどん順番が後になってしまいます。

ただ、今は認可外保育所なども増えていますので、お子さんを預けなければ仕事ができない、であれば、認可外保育所のご検討も良いかもしれません。

 

 

<企業に向け情報・知識>

Q:そもそも何をすればいいのか、コンサルティング会社に丸投げしてしまった方がいいかとも思っているのですが?

 

事業内容をまずは確立していくことが大事なのですが、具体的な部分がしっかり決まっていない段階でコンサルティング会社に依頼しても、ご自身の希望に合うものになるのかどうかが心配です。

また、親身になっていただけるコンサル会社もあれば、必要なことを学んだ方がいいという理由で高額な資料などを販売してくるところもあるので、現段階ではおススメできません。もう少しご自身の中でやりたいことが具体化してからご相談しても良いと思います。

その手前の段階で起業に向けて必要なことを学ぶために、創業塾などが各地方商工会議所や振興財団などで低価格もしくは無料にて開催されますので、そういったものに参加されるのも良い勉強になると思います。

 

 

回答者:清水君代、勝友香梨、伊藤貴久美

*****相談者ご感想*****

 

ブログに掲載して頂き、他のどなたかの参考になればと思います。

相談に乗ってもらったおかげで、あの後すぐ、保育園事情をそれぞれの市区町村に聞くことができました。

M市に関しては、令和4年度中の入園希望者は来月10月に申込をしないといけない、との事でした。

本当にいいタイミングでいろいろなアドバイスを頂けたなぁと改めて感謝した次第です。

 

起業準備に関しては、いろいろ考えた結果、ママのための起業塾に入ることに致しました。

教えて頂いた創業塾などにも資料請求したりしましたが、私には少しハードルが高いような気がしたり、また自分のこの環境(フルタイム、1歳と3歳の母親)でも無理なく起業準備が進められそうだったのが入会の動機です。

自己投資が自己満足にならぬよう、実行して行きたいと思います!

 

有益で新たな着眼点が得られるような助言、本当にありがとうございます。

感謝しかありません。